トピックス
水戸烈公御筆
徳川斉昭の複製色紙です。「大楠公の五百年忌によめる」歌です。「五百年の昔なからも今にわか 臣の臣たる友とちきらむ」
延元元年五月二十五日に大楠公が戦死されてから、天保六年は五百年忌にあたります。烈公は追慕のあまりこの歌を詠まれました。